酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

MAMITA

 ゲウチャイから少し日をおいて、またまたタイ料理を食べに行ってきました。場所は新小岩、しかも新規開拓店です。暑くなってくるとアジア系の料理がなぜか食べたくなってきます。
 お店の名前はMAMITA。2階へ上がる細い階段の入り口にかかる「タイ料理」の提灯。しかし看板の側面はなぜかフィリピンの国旗。一抹の不安を感じつつ入ってみました。

R0010326

 入ってみると意外に小さなお店でした。内装はどことなく普通の喫茶店風。おそらく改装したのだと思われます。店員さんはみな東南アジア系、おそらくタイの人なのでしょう。でも、店内にはそこかしこにタイだけではなく、フィリピンの面影もあります。
R0010313
 タイのビールと言えばシンハー。ここにはチャーンはありませんでした。しかしその代わりというわけではありませんが、サンミゲルがありました。これはもちろんフィリピンのビール。やっぱりこのお店はタイ+フィリピンなのか?

 でも、料理はおおむねタイ風です。以下いくつか食べた中でめぼしいメニューなどを並べておきます。
R0010315
 まずは定番、空心菜の炒め物。かなり量が多め。味もいけてます。
R0010318
 意外なほどに美味かったのが肉料理です。これは焼き鶏。普通にジューシーです。
R0010322
 で、こっちは焼き豚。これも美味い。普通に美味い。

 この他にも、パパイヤサラダとかいかにもタイ料理なメニューを頂きました。が、写真を載せたものも含め、どれも辛みも香辛料なども薄めに感じました。香味野菜もいちいち使ってはいるのですが、そんなにきつくなくて味も香りも薄めです。本格度を求めると物足りないのかもしれませんが、日本人向けの味付けという点では、誰でも気軽に食べられるのかも。いずれにしても美味しかったので、問題なしです。

 そんなに長居したわけではないのですが、ビールを飲み続けてしまい、5人でいつの間にかシンハーとサンミゲル合わせて20本近く飲んでしまいました。小さいお店なだけに、冷蔵庫の中の在庫が怪しくなってしまうほど(A^^; 飲み過ぎです。

R0010333
 その後二次会へ。過去に何度も行ったことのある横手焼きそば屋さん。猛烈に濃いハイボールとチューハイも特徴。横手焼きそばには特別に、二人前の麺に五個も卵を乗せてもらいました。壮観です。


より大きな地図で表示

 Pinoy Store & CAFE MAMITA
 東京都葛飾区新小岩1-53-15 藤広ビル2F
 03-5879-9881
 11:30〜15:00、17:00〜23:00 水曜定休