酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

ゲウチャイ

 久しぶりにタイ料理を食べに行きました。時々お昼ご飯で食べていたりはするのですが、お酒飲みながらゆっくり食べるのは久しぶりです。お店は地元錦糸町の駅前にあるゲウチャイです。近いこともあって過去に何度も来たことあるお店です。
 ここはタイ資本の経営で錦糸町にお店を開いてから20年の歴史があり、ある意味老舗。タイ食材の商社とも直結しているようです。店員さんも強烈なツンデレおばさん含め、もちろんタイ人と思われる人々ばかり。入り口も明るくて間口が広く、気軽に入れるのですが、その中身は本格派なタイ料理屋さんです。

P1000099
 左の緑色のお皿は「空心菜のソイビーンソース炒め」です。これ辛くもなく香辛料もきつくなく、あまりタイ料理らしくないのですが、とても美味しくてかなり好きなので、必ず頼んでしまいます。右は代表的なタイ料理の一つ、"ソム・タム"こと「パパイヤサラダ」。
P1000098
 タイには美味しいビールもあります。まずは象さんマークのチャーンビールで乾杯。南国のビールらしく、さっぱりと薄味でグビグビいけてしまいます。辛い食べ物にもよく合います。
P1000100
 続いて春雨サラダ。またサラダを頼んでしまいました。でも、タイのビール飲みながらのおつまみには最適です。ピリッと辛みもあって香味野菜もたっぷり入っていて、いかにも東南アジア系の料理です。カブとニンジンで作った添え物のバラの飾りも見事。食べるのも捨てるのももったいない気がしてしまいます。
P1000101
 これもここへ来ると必ず発注してしまうお気に入り料理、「海老と春雨の蒸し物」です。金属の鍋ごと出てくる独特の料理。春雨の卵とじみたいですが、中にエビがたくさん埋まっています。そしてやはり香味野菜がふんだんで南国の風味。辛みはお好みに応じてソースを混ぜて頂きます。これ、美味しいんですよね。ますますビールがすすみます。

 この日はカメラを持ってなかったので、写真は全て携帯電話で撮りました。使い勝手が悪いので、途中であきらめてしまってこれ以降の写真は撮っていません。パッタイ、チャーハンなどを食べました。
P1000102
 そしてタイのビールと言えば、王道はシンハー。チャーンよりもさらに薄味。飲む順番を間違えたかも。でも味の濃い料理をたくさん食べた後では、口直しにちょうど良いかも。

 実はこの日はアメリカ出張から帰国した日。家について一風呂浴びて、そのまま休むつもりだったのですが、錦糸町で飲むと言われては、行かないわけに行きません。どうせ時差ぼけしてるのなら飲んで酔っ払っても変わりはありません(A^^; さすがに泥酔コースとは行きませんでしたが。疲れた体にもタイ料理は優しくてちょうど良いリハビリになりました。


より大きな地図で表示

 ゲウチャイ
 東京都墨田区江東橋2-15-4
 03-3634-9991
 11:00-24:00, 年中無休