酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

品川アクアスタジアム

 いったい何年ぶりだろう?という位に久々の水族館に行ってきました。春になったし写真部活動でも再開しようかと言う企画が持ち上がっていたのですが、この週末は生憎の天気。東京では季節外れの雪が降った朝です。ということで屋内で楽しめるところとして、品川プリンスホテル内にあるエプソン品川アクアスタジアムに行ってきました。

IMGP2126
K-7, DA16-45mm, 絞り優先, 1/50sec, F5.6, 分割測光, ISO800, WB:AUTO NR:強
IMGP1935
K-7, DA16-45mm, 絞り優先, 1/30sec, F4.5, 分割測光, ISO400, WB:AUTO

 この水族館、都心にあるだけあってそんなに規模は大きくないのですが、結構ツボを押さえた面白いアトラクションがあります。まずはこの海中トンネル。長さ20mでエイやサメの仲間など大型の魚から南国風の熱帯魚などが悠々と泳いでる姿を下から横から眺められる水槽。水槽の上は開いているらしく自然光が降り注いできて、なかなか綺麗です。
 目玉はマンタとノコギリエイ。特にノコギリエイはその変な風貌からも大人気。餌の時間になると"おさかな博士"のおじさんが出てきて、色々解説してくれます。これが結構笑えて面白かったです。ノコギリエイの食事の様子はとても不器用すぎてハラハラというかドキドキというかイライラしてしまいました。そんなに立派なノコギリがいるんかいな?どうやってそんなに育ったんだ?と色々疑問だらけ。でもそれが興味の第一歩ですね。特に子供たちには。

IMGP1991
K-7, DA16-45mm, 絞り優先, 1/15sec, F4.0, 分割測光, ISO800, WB:AUTO NR:強

 トンネルを抜けたらアシカプールへ。雄と雌のアシカによるショーを見ました。お得意の輪投げ(アシカはもちろん受ける方)とか鼻の頭での載せ芸とか。調教の結果だと分かっていても、このアシカ達って本当に言葉が分かってるんじゃないかと思うくらいにきっちりと芸をこなします。
 で、ショーの後に人数限定で500円の別料金を払うとアシカさんと実際に触れあうことができるサービスがあったり。写真のアシカは雄のバロンくん。体重180kgだそうです。アシカも働きづめで大変です。実際に触れあった友人によると、アシカの肌はピチピチでタップンタップンだったそうです。

IMGP2028
K-7, DA16-45mm, 絞り優先, 1/200sec, F4.0, 分割測光, ISO1000, WB:AUTO NR:強

 その後はメインイベントともいえるイルカのショーへ。こちらは円形のプールに円形の観客席。天井からは自然光が降り注いでなかなか立派な施設です。イルカだけでなくクジラもいたりして。そして派手に水しぶきが飛ぶために前方から3列目までは水を被ってしまいます。でも、それが大好きって人がいるんですよね。カッパを着込んで前の方に座ってる人がたくさんいました。わざわざ水を被りに行く外人の子供達もいました。バカだなぁと思うけど気持ちは良く分かります。
 で、やっぱりイルカと言えば飛び芸。バーを飛び越えたり天井から吊したボールにタッチしたり。単独技だけでなく人間との共演もあり。イルカの鼻先につつかれて空を飛ぶとか。なかなか派手です。でも、個人的には高速ループという、水面すれすれをすごい勢いで泳ぐという地味な芸が一番好きです。

IMGP2064
K-7, DA16-45mm, グリーンモード, 1/60sec, F4.0, 分割測光, ISO800, WB:AUTO NR:強

 イルカプールでも人数限定のオプション企画がいくつかありました。その中で今度は私もトレーナー体験というのに参加してみました。料金は\500なり。これ、実際のトレーナーさんに簡単なイルカへの合図を教わって、いくつか実際に試してみるというもの。教わったのはコーラス(歌わせる)、バイバイ(ひれでバイバイをさせる)、そしてジャンプ(ジャンプさせる)という3種類。もちろんご褒美の餌やりもやります。
 言うこと聞いてくれなかったらどうしよう?とちょっと緊張しましたが、ちゃんと全て思った通りにやってくれました。めでたしめでたし。写真は私がコーラスの指示を出しているところ。イルカさんはカマイルカのロロだったと思います(やや自信なし)

IMGP1918
K-7, DA16-45mm, 絞り優先, 1/50sec, F4.5, 分割測光, ISO400, WB:AUTO

 トンネル入り口の隅っこにいたこのクラゲ、とっても可愛くて綺麗でした。でもよく見るとやっぱりちょっとグロいかも。意外に動きがせわしなくて落ち着きがありません。でもとってもフォトジェニックです。

IMGP1973
K-7, DA16-45mm, 絞り優先, 1/15sec, F4.0, 分割測光, ISO1000, WB:AUTO NR:強

 ペンギン好きの友人が歓喜のあまり駆け出しながら悲鳴を上げたペンギンプール。動物園と違ってガラスの向こう側にいて、泳いでる姿を水中目線で見ることができます。照明が暗くて流し撮りしてみたのですが、全て失敗しました。

 他にもカニとかエビとか美味しそうないろんな海の生き物がいました。2時間くらいで飽きるかなと思っていたのですが、気がついたら意外に時間が経っていてちょっとびっくり。中々奥が深いです。子供がいればもちろんですが、大人だけでもしっかり楽しめます。イルカショーとか写真を撮りに来るのもありかも。今回は私は望遠レンズ持って行ってないですが、そのうちまたリベンジしたいところです。

IMGP2131
K-7, DA16-45mm, 絞り優先, 1/40sec, F4.5, 分割測光, ISO800, WB:AUTO NR:強

 水族館を後にして、遅い昼食を食べに品川の街へ。ここは平日に毎日仕事で通っている街。週末に遊びでやってくるのはなんか変な気分です。向かったのは回転寿司へ。ここも時々昼食で来るお店。平日のお昼には絶対できないビール飲みながらの回転寿司。
 海の生き物たちの健気さと可愛さをたっぷり見たそばから寿司かよ!とは誰も疑問に思わず。ここでクジラやイルカが出てきたら食べてしまいそうな勢い。でも幸か不幸かそういうメニューはありません。エビやカニはあったけど。結局のところ写真の軍艦ハンバーグとか、他にもすき焼きとか豚カルビとかそんな変なメニューばかり食べてしまいました。寿司の何たるかなんて関係ありません。アレンジしてこその食文化。恐るべし回転寿司。