酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

初岩牡蠣

 週末はまたまた飲み歩いていました。先日新小岩で見つけた居酒屋、伍市へ再び行ってみたところ、メニューにもう生岩牡蠣が出ていました。もうそんな季節でしたっけ?大粒の岩牡蠣はひとつ当たり\500くらい。このお店のメニューの中では標準的価格帯。お店で食べる生牡蠣の相場としては、結構安い方だと思います。もちろん人数分発注です。

DSCF0709
 ビールを飲みながら待ってやっと出てきた岩牡蠣は、期待通りの大粒でした。レモンを少し絞りポン酢でズルッと頂きます。味も食感も期待通り。本当はいくつも食べたいのですが、お値段的にそうも行かないのでとりあえず一粒で我慢しました。また久々に牡蠣まつりでもやろうかという企画が持ち上がったので、それを楽しみにしたいと思います。

DSCF0713
 このお店、種類は多くないものの、日本酒や焼酎などなかなかイイお酒が揃っています。ハイボールも濃いめと薄めが選べたり。壁に貼ってあるたくさんのメニューの中から、この日は「堀越」というお酒が目にとまりました。伍市では一押しらしいのですが、産地は千葉。近いのに千葉のお酒って飲んだことないなぁ、と思って発注してみました。
 わりと濃いめの色がついたお酒は、味わいも結構濃くて美味しく飲めるお酒でした。料理とも良く合うはず。生牡蠣と一緒に飲めば良かったかも。

DSCF0716
 伍市を出た後は二次会へ。新小岩南口のルミエール商店街にある酒喜屋へ。ここは酒屋さんなのですが2階にはイタリアワインの専門店&レストラン&バーになっています。なんか雰囲気あって良い感じです。ここでワインに合いそうなちょっとした料理と、イタリアワインの白(Marisa Cuomo Europe)と赤(LE MACCHIOLE)を1本ずつ飲み干してしまいました。
 この時点で相当酔っぱらっていたので気がつかなかったのですが... 後で財布から出てきた伝票を見てみると... どうも赤ワインの方がチャージされていないようです。何かの勘違いだろうか?店員さんの勘違いだろうか? あまりお安いものではなかったのでちょっと心配です。

DSCF0732
 その後は三次会へ。久しぶりのカラオケ1時間勝負です。Jamie Cullumのライブの記憶が新しいので、やたらに横文字の曲を入れたのですが全然歌えません。で、危険なカラオケ屋のチューハイを飲みまくり。誰が注文したかもわからないままピッチャーまで運ばれてきました。これ飲んでないはず... いや飲んだかも?


より大きな地図を表示

  酒喜屋
  東京都江戸川区松島4丁目46−9
  03-3651-0928
  営業時間、定休日等不明

  伍市
  東京都葛飾区新小岩1丁目56−2
  03-3655-4451
  営業時間、定休日等不明