酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

夜桜

 散りゆく桜を惜しみつつ、今回のエントリーは夜桜シリーズです。なぜ夜桜ってあんなに綺麗なんでしょう?夜に人工照明下あるいは月明かりで楽しめる花って他にはあまりありません。桜は色々日本に特別な文化を生んできました。昼夜かまわず桜の下でお弁当を広げてお酒を飲むなんて、日本人だけの習慣かも。
 以下の写真のほとんどはお花見宴会しながら撮ったものではなく、散歩しながら見かけた夜桜を撮ったものです。機材はもちろんPENTAX K-7、レンズはほぼFA31mmF1.8AL Limitedです。暗い場所では明るいレンズは助かりますが、ピントの薄さには気をつけないといけません。かなり失敗しました(A^^;

IMGP1624
K-7, FA31mm, 絞り優先, 1/25sec, F2.2, 分割測光, ISO400, WB:AUTO

 東京プリンスホテルにて。暮れかかる濃いブルーの空と照明された桜が綺麗です。が、空の色は見た目よりもずっと青く写ってる気がします。

IMGP1812
K-7, FA31mm, 絞り優先, 1/25sec, F1.8, 分割測光, ISO800, WB:AUTO, NR: 強, シャドー補正:強
IMGP1830
K-7, FA31mm, 絞り優先, 1/5sec, F2.0, 分割測光, ISO1600, -0.3EV, WB:AUTO, NR: 強, シャドー補正:強

 猿江神社境内にて。偶然見つけた夜桜スポット。深夜まで煌々と明かりがついていました。人気のない深夜の神社境内はちょっと怖いですね。写真に撮ると葉の緑色が目立ちます。

IMGP1869
K-7, FA31mm, 絞り優先, 1/15sec, F2.0, 分割測光, ISO800, WB:AUTO, NR: 強
IMGP1894
K-7, FA31mm, 絞り優先, 1/20sec, F2.0, 分割測光, ISO800, -0.7EV, WB:AUTO, NR: 強 IMGP1878
K-7, FA31mm, 絞り優先, 1/8sec, F2.0, 分割測光, ISO800, WB:AUTO, NR: 強

 大横川沿岸の遊歩道。ここは街路灯だけでなく、脇のビルの屋上から照明が当てられています。上から照明されている夜桜は他にはあまりありません。写真で見るよりもずっと幻想的な桜のトンネルです。犬は夜桜には興味ないのかな?

IMGP1865
K-7, FA31mm, 絞り優先, 1/30sec, F2.0, 分割測光, ISO800, NR: 強, カスタムイメージ: モノクロ

 敢えて白黒で。桜は色がなくても桜です。画面内の強い光源が上から照らしている照明灯。かなり強力です。この夜桜照明は満開直前から散り始めまでのごく短い期間しかされていません。残念ながらもう終わっているのではないかと思います(未確認)。

 東京ではまだ桜のシーズンはつづいています。今週末あたりまでは散りゆく花を楽しめそうです。が、とりあえず今年の桜特集はこの辺で終了です。

Flickrも上の写真を含む夜桜を追加してアップデートしてあります。