酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

Headphone Adapter

 昨年末に買ったiPod Shuffle 3rd。まだ無くさずに便利に使っています。が、購入当時から懸案として考えていたのがイヤホンの交換。Apple純正の白いイヤホンは質の問題はもちろん、最近はあまり流行っていないインナーイヤー型で装着感もイマイチ。それに通勤の電車内などでは誰でもしてたりするので、ちょっと気恥ずかしいものがあります。
 iPod Shuffle 3rdは本体には電源スイッチしかなく、再生や停止すら本体ではできません。なので交換するにしてもiPod Shuffle対応のリモコン付きのイヤホンを選ぶという手があるのですが、選択肢は少ないし今ひとつ気に入るものがありません。なので、すでに持っているリモコンなしのイヤホンを使う方法を検討してみました。

《BELKIN Headphone Adaptor。一ヶ月待ってようやく手に入れました》
 その解は一つ。リモコンだけが付いたアダプタケーブルを使うこと。中でもApple Storeでも売っているBelkin Headphone Adapter with Remote for iPod shuffleは定番中の定番。お値段も2千円弱とお手頃です。
 実はこれ、iPod Shuffleを買ったときに同時に発注したのですが、在庫がないらしく納期が3週間ほどかかるという状態。まぁそれまでは純正イヤホン使えばいいやと、そのまま発注しておきました。結局納期は延期され2月になってようやく送られてきました。
 モノはいたってシンプル。長さは15cmとお手頃です。純正イヤホンではリモコンは右側ユニットの近くにリモコンがあって、手探りでしか操作できないのですが、このアダプタを使うと本体近くにリモコンが付くことになります。見ながら操作できるのは便利ですが、本体をクリップで取り付けたりすると、リモコン部とコネクタ部がちょっと邪魔かも。ポケットに入れておくならOKだと思います。


《取り付けてみるとこんな感じに。多分使いやすいはず》
 ちなみに、使用するイヤホンはUEの高級品ではなく、PhilipsのSHE9700です。カナル型でコストパフォーマンス抜群なイヤホンです。ケーブル長も短くてアダプタ付きで長さはちょうど良い感じ。日本人向けで左右のコード長が違い、首の後ろに回せるタイプ。ユニットも軽くて装着感も良好。耳が痛くなることもありません。音質はBA方式の高級品とは比べるべくもありませんが、慣れてしまえば問題ありません。