酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

FinePix F70EXR

 カメラ屋さんの店頭を散歩していたときに、あまりに安いのでうっかり買ってしまいました。というのは半分嘘ですが、2万円を遙かに下回るプライスタグに驚き、その後数日かけてネットで評判を調べ、結局お買い上げしてしまいました。機種はタイトルの通り、富士フィルムのFinePix F70EXRです。

《FinePix F70EXR/Pink。こう見えても10倍ズーム搭載》
 私にとっては久しぶりのFinePixです。最近FinePixの動向は追いかけていなかったのですが、このF70EXRも発売されたのは昨年夏。ということは、モデルチェンジ前の投げ売りか?となるわけですが、今更興味を持って仕様やサンプル画像などを見てみると、これがなかなかツボを押さえた良いカメラっぽいのです。
 富士フィルム独自のスーパーCCDハニカムは、長らくHRの時代がつづいていましたが、昨年春からEXRに変わりました。富士フィルムの技術資料を鵜呑みにすれば、このCCDはなかなか期待が持てそうです。ある意味SRの考え方に近い仕組みのCCDだと思います。

《操作性も良好。液晶は2.7インチ23万画素。これだけがちょっと残念》
 1/2インチで1,000万画素というスペックも余裕があります。ただし、EXRの広ダイナミックレンジと高感度性能を生かすには、半分の500万画素で使った方が良いようです。今時500万画素かよ!と言う気もしますが、A3プリントするわけでもなく実用上は十分です。
 CCDシフト式の手ぶれ補正もあり、何と言っても27mm相当からの10倍ズーム搭載。なのにこの小ささ。電池もそこそこ持ちそうだし、SD/SDHCカード専用。それに最近のFinePixの欠点だった操作のわかりにくさはだいぶ改善されたようです。最終的に手に持ってみてしっくり来たので、決めてしまいました。

《F700とF70EXR。"7"のつくカメラとは相性が良いはず》
 ちなみにボディカラーは4色あり、どの色でも入手可能で特に値段も違わないというのに、なぜかピンクを選んでしまいました。いや、これが一番良いと思ったもので...。なんか最近色の趣味が変わってきたのかも(A^^;
 ちなみにこのカメラ、晴れのスキー場以外ではイマイチだったOptio W60の代わりとして使う予定です。防水じゃないしHD動画も撮れませんが、スキーにも持って行くつもりです。すでに少し使ってみましたがなかなか良い感じです。実写レポートなどはまた後日。