酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

ネコ

 思わずカメラを向けたくなるものと言えば動物。特に都心部でも公園やそこらをうろちょろしているネコ。恐らくほとんどは野良。これほど人間とうまく共生できる動物も珍しいのではないでしょうか。
 で、世の中にはネコばかり撮り続けているという人もいるくらい、人気の高い被写体でもあります。某巨大掲示板にもネコ写真専門のスレッドがあるくらい。私も別件で写真を撮りに出かけたりすると、たいていネコの写真が数枚挟まっていたりします。
 ということで、先日撮ったネコ写真です。都心の公園に生息するネコは、全く人を無視で近づいてもお構いなしな場合が多いのですが、この白黒ネコたちは、かなり警戒心が強い方らしく3m以上は近づけません。なので望遠撮りです。本当は近寄って標準や広角で撮りたいところです。

IMGP9706
日向ぼっこ

IMGP9707
キリッ!

IMGP9712
なんだゴラァ!?

 どこにでもいて、近寄れて、動きが少なくて、時に可愛く、ふてぶてしく、あるいは格好良く。ということで、何となくネコを撮り続ける人の気持ちが分かる気がします。我が家の近所の公園にもたくさん主たちがいるようなので、今度探しに行ってみようかと思います。飛行機につづくマイブームになるかも。
 ちなみに、今回貼った写真はすべてK-7 + DA*60-250mmF4で撮りました。


もちろん、犬もフォトジェニック。