酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

iPod shuffle

 買ってしまいました、iPod shuffle。どうせライブラリ全体は収まらないのだから、容量は小さい方でいいやと言うことで2GB。色は何故か気がついたらピンクをポチっていました。Apple Storeで5,800円なり。なんというか「もうこれで良いかな」と思ってしまいまして(A^^;


《iPod shuffleのピンク。相変わらずパッケージは凝っています》

 今まで使っていたのは初代iPod touchの32GB。今でも快調に使えていますが、基本的に音楽再生にしか使ってないとか、飽きたとかいろいろ思うことありまして、通勤のお供となる音楽再生機に特化すると言えばこれだろう、と。

 あと、iPod本体とは関係ないのですが、touchにつけて使っていたイヤホンUE Triple.fi 10proが耳に合わなくなってきた(サイズ、形状的に→つけてると耳が痛くなる)こともきっかけです。


《初代iPod shuffleと比べて体積は1/3くらいで容量は4~8倍。4年の技術の進歩!》

 早速届いたiPod shuffleのパッケージを開けてみましたが、本体は本当に小さくて軽いです。うっかりすると無くす危険性が大です。メタリックなピンクは目立つので、多少机の上で埋もれても見つけやすいかも。

 問題は操作。本体は電源スイッチしかなく、再生や停止などの操作はイヤホンに付いたリモコンで行います。添付品はなぜか右側イヤホンケーブルの変な位置にリモコンが付いてます。サードパーティからも互換性のあるリモコン付きのイヤホンやアダプタなどが出ていますので、追々これは交換を検討する予定です。


《充電&同期用のUSBケーブルも短か過ぎてなくしそう...》

 さて、現行iPod shuffleの特徴であるVoice Over機能も試してみました。日本語は漢字の読みの精度がどうしても100%ではありませんが、言いたいことは分かります。英語はさすがにほぼ問題ないようです。とっさにこれなんの曲だっけ?と思ったときには使えそうです。

 Shuffleは初めてだなぁと思っていたのですが、そう言えば以前初代を使っていたことを思い出しました。とにかく、なくさないようにしなくては。ちなみにiPod touchは車載専用にする予定です。