酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

ハンタマ

 今シーズンの初滑りをしてきました。目的地は栃木県のハンターマウンテン塩原(略して通称"ハンタマ")です。東北道方面では東京から比較的近く、ゲレンデの規模もそこそこ大くて施設も充実しているため、わりと人気のあるスキー場です。
 天気は曇りのち晴れ。朝のうちは雲がかかっていましたが、お昼頃から次第に晴れてきました。気温は多分0度以下。風もなくてちょっと寒いくらい。雪質も終始安定していました。

《長くて広いバーンで、滑っていて気持ちの良いゲレンデです》

 さて、今シーズン投入した新しいゴーグルブーツ。ゴーグルはややレンズが暗めで晴天用ですが、このくらいの薄曇りには十分対応できます。多分もう少し暗くてもOK。付け心地も抜群で視界も広く、これはなかなか良い感じ。大満足です。イタリアン最高。
 そしてブーツ。ぴったりすぎて疲れるかも?と一抹の不安。しかしそのぴったり感は終始安定しており、痛みやしびれがくることはありませんでした。途中でバックルを締め直す必要もなく足に張り付いているかのよう。滑ってみればその威力は抜群で、雪面から跳ね返されそうになる板をしっかりと押さえつけることができます。反応が早すぎてちょっと戸惑うくらい。LANGE最高。

《友人のLINE Cronicと私のVolkl Supersport Allstar》
 今回同行した友人は新スキーを投入していました。今までのデモ系の硬派な板とは打って変わって、フリースタイル系のツインチップ、LINEのCronicの166cmです。ちょう格好いい!薄くてワイドで柔らかくて軽い板。ど真ん中に取り付けられたビンディング。これでヘルメッしてそれらしいウェアを着ていれば立派なフリーライダーです。
 初めてこの板で滑る友人は「難しい!」を連発していました。私も途中で借りてみたのですが、これは今までの板とは全く別物。エッジに乗るとか踏み込むとか板の反発とか、そういうこととは無関係に滑っていきます。そして簡単にクルッと後ろ向きになりますし。これはパークに入りたくなること必須。骨が何本あっても足りないかも(^^;

《山頂は微妙な樹氷が青空に映えて綺麗でした》
 今回の初滑りはいつになくペースが速くて、いつもより倍くらい滑った気がします。リフト待ちはないのにゲレンデはそこそこ混んでいて、レストハウスなども午後までどこも満席状態。お昼は普通に食べられましたが、休憩もままならない感じ。と言うことで、14時くらいにはもう体力の限界。雪玉に乗っかって転倒したのを機に、帰ることにしました。
 昨年から感じていたことですが、最近は本当に家族連れが増えたと思います。ハンタマはゲレンデの性格からして特にそうなのかも。加えて、時代が何年か遡ったかのようにボーダーも多いです。いろんな人がいろんな楽しみ方をして遊んでいるスキー場は活気があって混沌としていて、何故かとても心落ち着きます。