酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

亀戸飲み歩き

 亀戸と言えばその昔は餃子、最近はホルモン焼きで有名になって飲み屋街は大変賑わっています。ホルモン目当てというわけではないのですが、何となくたまには行ってみたくなって、亀戸へ繰り出してきました。北口を出て薄暗い路地を入っていくと、亀戸餃子やホルモン屋がひしめく居酒屋ワンダーランドです。

 まずは散歩がてらめぼしい店を探しながらグルッと一周してみました。ホルモン屋さんはすでに一時間待ちとかいう行列ができているので却下。その他立ち飲み屋さんも多く、今まで知らなかったけれども、フラッと入ってみたくなるような渋い飲み屋さんがいっぱいあります。選択肢が多すぎて30分くらい迷ってしまいました。

○炭火焼鳥 畑なか
 亀戸餃子のすぐ横にある焼鳥屋さんです。ここは渋いと言うより小洒落た感じ。店内に入るとジャズがかかっていて落ち着いています。雰囲気だけのお店かとちょっと心配したのですが、そんなことありません。出てくる料理はどれも美味しいのです。特に、久しぶりに食べた鶏刺しは最高でした。焼き鶏も1本ずつ丁寧に焼いて順番に出てきます。

画像
炭火焼鳥 畑なか。勘で入ってみました。

画像
久々の鶏刺し。特にレバーには参りました。量もたっぷり。

 私たちが入ったのは午後7時頃。土曜日とはいえ店内には先客がおらず閑散としていました。でも、料理は旨いし接客もイイし、雰囲気も良い。さらにはお酒も良心的価格でいろいろ揃っています。ホルモン焼きに押されてるとはいえ、ここはもっと流行っても良いはず、と思っていたら、気がつけばいつの間にか満席になってました。心配することはなく、いい店はいい店としてちゃんと認知されているようです。

画像
レバーの串焼き。刺身もいけるけど焼きもいけます。

画像
本格焼酎も各種揃ってます。なかむらとか佐藤とか。鳥料理には焼酎が合います。

 お酒は焼酎や日本酒が各種取りそろえてあります。メニューに書いてないものは店員さんに聞けば教えてもらえます。焼酎は一時期のブームは去りましたが、まだ結構なお値段がするお店が少なくありません。が、ここはとても良心的価格でした。料理も含め、結構おなかいっぱい食べて飲んだ割りに、思ったよりもかなり安く済みました。


 炭火焼鳥 畑なか  東京都江東区亀戸5-3-4  TEL: 03-5609-5112  18:00 - 24:00 日曜休日定休
○立ち呑み処 くら
 なぜかやたらに立ち呑みが多い亀戸。ただし、中には常連さんらしき地元のおじさんたちで埋め尽くされていて、足を踏み入れるのがためらわれるようなお店も少なくありません。そんな中でも、ここは大きくて明るくて気軽に立ち寄れるお店です。二次会で行ったのですが、広い店内は空いてました。

画像
立ち呑み処 くら。やたらに提灯がぶら下がっています。入り口は表と裏の二カ所。

画像
チューハイ 150円。

 とりあえず150円のチューハイを発注。回数券みたいなのを買うと、\1,000\500で\50のプレミア付きということで、迷わず\3,000 \1,500分購入。ポテトサラダを頼むと、そのまま脇の冷蔵庫から取り出して速デリバリー。何もかもが立ち飲み屋らしいシステムです。店内はレトロな雰囲気で飾られていてなかなか良い感じ。

画像
まずは千円\500券を買うべし。\50おまけ付きでチューハイ7杯4杯分+\100。

画像
呑んでる途中で停電しました(A^^; 原因不明。

 食べ物はほぼおつまみ程度のジャンクフードに近いですが、これまた安い。\3,000\1,500分も券を買ってしまって、使い切れるか逆に心配になったものの、もちろんきっちり使い切りました。いや、飲み足りなくてチューハイを現金払いで追加したほど。

 見ず知らずの一人客とテレビに突っ込みを入れたり、途中でブレーカーが落ちて停電したりしつつ、亀戸の飲み屋街の夜は更けていきます。


 立ち呑み処 くら  東京都江東区亀戸5-5-8  TEL: 03-3636-4224  12:00~24:00(日曜日は23:00まで) 年中無休
○汐風BAR ただや
 さて、まだまだ飲み足りない一行は次の店を探します。というか、最初に散歩をしたときに目を付けていたBARを迷うことなく目指します。白塗りの壁に木を要所要所にふんだんに使った比較的明るい店内。入り口のドアは全開。"汐風BAR"という店名の語感。亀戸界隈にはバーも他にいっぱいありましたが、ここも前の二軒と同じく何となく勘でピンと来たお店です。

画像
汐風バー ただや。

画像
内装やバーテーブルはマスターのこだわり。

 バーはやっぱりマスターの腕とおしゃべりが重要。このお店のマスターは結構年配の方っぽかったですが、下町らしくとても気さくで人なつっこい人でした。我々の脈絡のない酔っぱらいトークにもちゃんと合わせてくれます。お店の内装、地元ネタ、お酒の美味しい海外の話などなど。このお店は最近独立して作ったそうで、マスターが好きなように全て仕上げたそうです。

画像
甘いけどお酒の味がしっかり効いたやつ、というリクエストで作ってもらったウォッカベースのカクテル。

画像
ラックにつり下げられたグラスはフォトジェニックです。

 定番のカクテルから適当に見繕って作ってもらったものまで、四杯くらい飲んでしまいました。結構長居したのかも。それだけ居心地の良いバーでした。三次会くらいに行くにはちょうど良いかも。あるいはゼロ次会か。


 汐風BAR ただや  詳細不明
---

画像
遅い時間になってもまだまだ行列が途切れないホルモン屋。すごい人気です。