酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

アサヒビアガーデン松屋浅草

 今年6回目のビアガーデンです。今回の目的地は松屋浅草。6月10日にオープンしたばかりのアサヒビアガーデンです。古い松屋の建物の屋上にあるビアガーデンは、とてもレトロな昭和の雰囲気。でもなぜか南国風に飾り付けされていたりして、そのB級臭さと適度な浮かれ具合がたまりません。

画像
沈む夕日を眺めながらビールを飲む。

 いつもの飲み仲間たちからオープン初日の水曜日に行こう、という企画が持ち上がっていたのですが、都合が悪くてメンバーが集まらないために中止になっていました。ビアガーデン好きとしてはここはぜったに外せないので、また後日ということになっていたのですが、色々あって金曜日に一人で抜け駆けすることになってしまいました。どうもスミマセン>ビアガーデン部員一同。

画像
まずはスーパードライ。"飲"マークが何かを訴えかけています。

画像
そして黒生へ。ハーフ&ハーフも飲めます。

 飲み放題は90分で\1,700と良心的価格。ビールはスーパードライ、黒生、ハーフ&ハーフの3種類。そのほか酎ハイ、焼酎、ウイスキー、ワイン、ソフトドリンク各種が飲めます。飲み物は席で店員さんに発注すれば運んできてくれますが、食べ物はカウンターで食券を買う方式。しかもその食券が、昔の切符みたいな紙の硬券だったり。この辺のシステムは昨年と変わっていませんでした。ちなみにメニューはいわゆるおつまみ系ばかり。それもコンビニのお総菜系な感じなのですが、トマトはちゃんと切ったばかりですし、唐揚げももしかしてここで揚げてる?というくらい、新鮮で美味しいのです。

画像
トマトがこういう形で出てくる店はなかなかありません。却って本物っぽいです(^^;

画像
暗くなると浮かれ度合いが増してきます。でもなぜかどんどん空いてきました。

 ということで、何か特別なものがあるわけではないのに、適度に緩くて、適度に浮かれていて、なぜかとても心惹かれてしまうビアガーデンです。"浅草"という町の雰囲気にもマッチしています。お値段も良心的ですし。今シーズン、もう一回くらい来ることになるはず。


 アサヒビアガーデン松屋浅草  東京都台東区花川戸1-4-1 松屋浅草屋上  TEL: 03-3843-2474  6月中は17:00~21:00、7月以降は17:00~21:30  8/31まで営業
---
 浅草と言えば、二次会、三次会には困ることはありません。むしろどこに行くか迷ってしまうくらい。この日は新規開拓と言うことで、吾妻橋の袂に新しくできたっぽいオープンエアな飲み屋さんに入ってみました。ある意味ここもビアガーデンです。

画像
ビールはたっぷり飲んだので、ホッピーで飲み直しです。

 今回はなんとか泥酔せずに帰ってこられました。いや十分いい気持ちになって、メール打ちまくったり、Twitterに変なこと書き込んでいたようですが(^^; やっぱり浅草恐るべし。