酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

Manfrotto 797 MODOPOCKET

 ある日WEBで見つけてからずっと欲しいと思っていた Manfrotto 797 MODOPOCKET をようやく手に入れました。いや、別に希少品であるとか、ものすごく値段が高いとかそういうことではないのですが、実用品ではあるのですが、どちらかというとネタ的な意味合いが大きいので、何となく踏ん切りがつかずにいたのです。でも、ある日ちょっとお酒を飲んでいい気分になった勢いで、ポチッと発注してしまいました。

画像
単体ではいったいこれが何なのか分かりません。

画像
こうやって使うものです。GR Digital IIはちょうどいいサイズです。

 で、これはいったい何なのかというと、それは上の写真を見てもられえば明らかかと思います。これはデジカメなどに取り付けて使う、超小型の折りたたみ式スタンドです。テーブルなどの上ににカメラを置いてセルフタイマー撮影をするとか、スローシャッターを切るときなどにとても便利です。畳んだ状態でもちゃんと"スタンド"として機能しますし、そのまま三脚に取り付けることも可能。よほど小さなのカメラでない限り、付けっぱなしにしていても、あまり邪魔になりません。

画像
Optio W60への装着例。端っこに三脚ねじがあるカメラではイマイチかも。

 GR Digital IIはサイズ的にまさにぴったり。奥行き方向にもほとんど出っ張りません。三脚穴もボディのほぼ真ん中にあるので、左右方向も問題なし。797 MODPOCKET自体の重量は50g。GR Digital IIの重量は約200g(電池、カード込み)ですが、安定性もあります。一方、Optio W60だと本体がやや薄いので、ちょっと前後が出っ張るのと、三脚穴が端っこにあるので、付けっぱなしにするにはちょっと邪魔ですし、安定性もイマイチ。とはいえOptio W60は重量が約150g程度なので、使用可能ではあります。

 足を開くと高さは約30mm。足の前後幅は65mmになります。紐がストッパーとなり前後足の開き具合が固定されます。しかも前後の足の角度は独立に調整できるので、カメラを上に向かせたり下に向かせたりといった、ティルトが自由自在です。とにかくよく考えられています。

画像
たたむとこんな感じ。このまま三脚も取り付け可。ただし電池蓋は開きません。

画像
付けっぱなしで使用可能。ケースにもそのまま入ります。

 最初に書いたとおり、購入動機は基本的に実用性半分、ギミックに惹かれてしまったと言うのが半分だったりするのですが、それでもふとした瞬間にこれは役に立つと思います。ちょっとしたスペースに安定してカメラを設置できるし、手ぶれ防止にも色々使えそうです。50g重くなってしまいますが、GR Digital IIに付けっぱなしにしようと思います。

 ちなみにManfrottoと言えば、写真を趣味としている人にはおなじみのイタリアの三脚メーカー。と言ってもそんなに高級品ではなく、一般庶民にも手を出しやすいクラスのブランドです。このModpocketも正真正銘のイタリア製。希望小売り価格は税込み4,410也。実売は\3,000前後。高いのか安いのかよく分かりません。