酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

銀座松坂屋屋上ビヤガーデン

 今年2回目のビアガーデンに繰り出してきました。連休に入ってからようやく暖かくなり、いよいよ名実ともにビアガーデンのシーズンインです。6月は梅雨だし、7月から9月の暑い最中よりもむしろ、今頃の方が屋外でビールを飲むのには適しているような気がします。ということで、今回の目的地はこれまた定番の、銀座松坂屋屋上で銀座ライオンが運営するビアガーデンです。5月3日のオープン初日に繰り出してきました。しかも今回は本格シーズンインを記念しての大宴会。総勢12名の参加で大変な盛り上がりとなりました。

画像
日本一の繁華街、銀座にやってきました。目的地は銀座6丁目の松坂屋です。

画像
もちろんジンギスカン食べ放題+ビールその他飲み放題コース。

 開宴は午後5時。まだ明るいうちから飲み始めます。さすがに銀座のど真ん中、天気のいい祝日ということもあって、意外に人はたくさん入っていました。満席と言うほどではありませんが、7割くらい席は埋まっていたようです。会場のど真ん中にテーブルを三つつなげた我々の特設宴会場。ジンギスカン鍋も三つ。ピッチャーも三つ。お肉もビールも次から次へと消えて行きます。

画像
食べ放題のジンギスカン。塩、味噌、醤油の三種類が混ざっています。

画像
野菜を下敷きにして間接法で焼きあげます。

画像
タレはもちろん札幌麦羊亭の秘伝のタレ。辛すぎず甘すぎず、絶妙な味。

 お肉や野菜は店員さんにお願いして持ってきてもらうのですが、飲み物は基本的に最初の一杯意外はセルフサービス。ピッチャーも空いたら自分で注ぎに行きます。ライオンが経営してるとあって、ビールはもちろんサッポロ。質は折り紙付き。ビール以外にも日本酒やワイン赤白、チューハイなどもあります。チューハイは自分で味付けをするタイプ。ついシロップを入れすぎてほとんどジュースになってしまいます。

画像
ビールはもちろんサッポロ。ピッチャーでも最後まで美味しく飲めます。

画像
総勢12人の酒飲みの集い。大変な盛り上がりを見せました。

 飲み放題、食べ放題は2時間まで。終了の少し前になるとラストオーダーとなります。ここで最後にお肉と野菜を発注して、飲み物を持ってきます。このときあまりに欲張りすぎたために、あとで大惨事を招いたこともありましたっけ。みんな学習済みなので食べられるだけ、飲めるだけにとどめておきます。

画像
肉汁と野菜汁が溜まって煮詰まって、何ともいえない風味を醸し出してきました。

画像
それをご飯に乗っけて食べると... 美味すぎです。とても幸せな気分になれます。

 この日は満席ではなかったためか、新規オーダーが終了して2時間過ぎても追い出されませんでした。いつの間にか空はとっぷり暮れて、銀座の明るいネオンが眼下に輝いています。屋外の広い会場とはいえ、店員さんの数も多く、呼べばすぐに来てくれますし、馬鹿な酔っぱらいにも愛想よく丁寧に対応してくれます。やはりここはビアガーデンのベンチマーク的存在だと思います。

画像
さて、銀座の夜はこれから。



 銀座松坂屋屋上ビヤガーデン ジンギスカン麦羊亭  東京都中央区銀座6-10-1 銀座松坂屋屋上  TEL: 03-3569-3871  月~金 17:00~22:00, 日・祝 15:00~21:00, 土 15:00~22:00  不定休
 詳しくはこちらもどうぞ
---
 ビアガーデンでおなかいっぱいビールを飲んでジンギスカンを食べた一行は、意気揚々と二次会へ向かいます。何も決めいていないのに銀座の中心地から自然と数寄屋橋方面へ足は向かい、気がつけば例のダンジョンの前に立っていました。しかし、今日は様子がちょっと違います。どうやら祝日の今日はダンジョンの中の千成もとうてつもやっていないようです。ということで、ダンジョン入り口付近に広がる、居酒屋ワンダーランドのどこかで飲むことにしました。

画像
ガード下のオアシス。明るい照明が煙に霞んでいます。もしかしたら幻かも。

 で、たどり着いたのはまさにJRガード下の通路にある、串焼き屋 登運とん(とんとん)。非常に狭い店内は満席ですが、店外の席には空きがあると言うことで、総勢9人でビールケースを流用した粗末な席に座ります。どうみてもここは天下の公道。ガード下に入ってくる人は、飲み屋を探してうろついてる人ばかりですが、背後は本当にただの道路です。たまに車も通ります。

画像
ホッピーで再度乾杯!

画像
魅惑的なにごり酒。最後の一杯をいただきました。

画像
雷門サワー。名前に惹かれて発注しましたが、中身はただのライム&レモンです。

 さてこのお店、有楽町界隈のガード下の中でも有名なお店なのでしょうか。次から次へとお客さんがやってきます。そのうち待ち行列までできたりして。旅行者らしい外人さんも一人でやってきて、ビール一杯飲んで写真を撮って帰って行きました。確かに薄暗いトンネルの中に燦然と輝くお店の明かりは、魅惑的です。人間の本能に何かを訴えかけてきます。

画像
周りの特設席が片付けられたらこんな状態に。はみ出しすぎです。

 有楽町のガード下周辺の居酒屋ワンダーランドは本当におもしろいです。最高です。

画像
GR Digital IIのカラーブラケットで遊んでみました。セピアにすると居酒屋は趣が出ますね。

画像
昭和の香りが残る裏路地... って感じで。



 登運とん  東京都千代田区有楽町2-1-10  TEL: 03-3508-9454  [月~金]11:30~23:00, [土・日・祝]11:00~23:00  無休