酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

GR Digital II 修理完了

 AFに不調があったりしたために、今度はメーカーに直接修理に出してみました。その修理が完了して戻ってきました。

 修理内容は予想していたとおり、光学ユニットの交換です。光学ユニットにはレンズ系とともにCCDも一体になっているようです。RICOHのカメラでは、R8の修理をしたときもそうでしたし、この技術資料(PDFファイルです)を見る限り初代GR Digitalもそうなっているようです。恐らくGR Digital IIもほとんど同じ構造と思われます。

画像
鏡胴ユニットの交換、調整、テスト実施と書かれています。

 が、修理品を見てあれ?と不思議に思ったことに、修理前にはホットシューに小さな擦り傷があったのがなくなっていました。その他、設定類も全てクリアされており、F/Wバージョン確認メニューに出てくる総撮影枚数カウンターもクリアされています。これってもしかして、実は新品に交換されていたりして?と思ったのですが、私が自分で貼った液晶保護シートはそのままですし、シリアルナンバーも変わっていません。

 F/Wのリセットは簡単にできるでしょうし、テスト時に必要な作業かもしれないので、特に問題はないとして、ホットシューは鏡胴ユニット交換のために分解したときに、きっと親切でついでに取り替えてくれたのだろうと思われます。ありがたいことです。

 修理が完了してからはまだちゃんとテスト撮影はしていないのですが、とりあえず簡単にAFの動作を確認したところ、今度はちゃんとシーンによって右側のAFエリアも選択されるようになっていました。また、ファインダーで見る限り白点ノイズも出ていません。流石にメーカーの修理センターでは、クレーム箇所についてしっかりとテストがされていることと思われます。返す返すも、販売店に流通している製品のばらつきが大きいのは残念です。

画像
修理完了後のGRD2で撮影。近所の桜はまだ0分咲きです。

画像
もうあと一息...。今日中に開きそうなくらいの勢い。

 桜の写真を撮ってると望遠が欲しくなりますね、やっぱり。ワイド単焦点のGRDIIで撮るにはかなり頭を入れ替えないといけません。マクロを生かして接近しまくるという手はあるのですが。ところで、白黒モードとか1:1モードは面白いです。おまけ機能で実用性はないかと思っていたのですが、結構はまりそうです。1:1の白黒なんて特にイイです。その辺についてはまた後日。