酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

小岩トロ函&竹とんぼ@新小岩

 新小岩に数ある飲み屋さんの中でももっともユニークな居酒屋がこのトロ函。ある日お店を探してブラブラしているうちに偶然見つけて「ちょ、あ、あそこ何?」と言葉にならない言葉を発しながら、吸い込まれるように入ってしまったお店です。まるでどこかの漁港の市場に迷い込んだかのような店構えと店内。店の名前の通り魚箱(=トロ箱)を重ねただけのテーブル、日本酒のケースに板を張っただけの椅子、活気があって気安い店員さん。そして海産品を中心にした炭火焼きメインの料理も、他では食べられない特徴的なものばかり。もちろんお値段は高くありません。形態は違うけど、浅草橋西口やきとんに似た雰囲気。下町風なB級感に溢れ、どこかホッとする猥雑さのあるお店です。

画像
漁り火に吸い寄せられるイカのように酒飲みが吸い込まれてしまいます。

画像
料理は海鮮の炭火焼き。写真は鮪のスペアリブとエンガワ炙り。

画像
焼き物だけじゃなくお刺身もあります。甘エビとか。

画像
鮪のゆっけとか。

 食べ物は基本的に海鮮焼き物。テーブルには大きな四角い七輪が運ばれてきます。これがとにかく暖かいというか熱いというか暑いのです。お店は道路に面した二面には壁が無くオープンエア。空調なんてものはありません。なので、冬場は冷たい空気を感じながらも七輪の炭火に当たることで暖がとれるのでちょうど良い感じ。しかし夏場はたぶん熱くて暑くて大変なことになってるのではないかと思われます。夏はトロ函のシーズンオフと勝手に決めつけているので、夏のトロ函を体験したことがないのですが。

 焼き物は鮪とかイカとか蛤とかエビとかサザエとかカニとか色々なものがあります。中にはハムとかちょっと変わり種も。ウニだって焼いてしまいます。が、もちろんお刺身も種類豊富。食材によって焼き方食べ方が色々あるのですが、その辺のノウハウは店員さんが説明してくれますし、焼いてる途中で食べ頃を教えてくれたり、なかなか開かない蛤をあけてくれたり。話に夢中になって忘れていると「それ、もう焼きすぎ。早く食べた方が良いよ!」と注意してくれるので、どんなもので安心して焼けますし、間違いなく美味しく食べられます。

画像
唐辛子入りのチューハイ。その名も金魚。そんなに辛さは感じません。

画像
蛤、カニ味噌甲羅焼き、ウニ、そしてハム。

画像
ししゃもは網にくっつきやすいので注意!

 飲み物の定番コースは、まず生ビールで乾杯。その後チューハイに移行するのですが、ここには金魚という名の変わったチューハイがあります。と言うのも普通のチューハイに唐辛子が入ってるだけなのですが。特に唐辛子の味がするわけでもなく、かといって風味はあって何とも不思議な飲み物。お代わりを頼むと唐辛子がどんどん追加されたり。今まではそのまま飲んでいたのですが、今回初めて店員さんから「まず唐辛子をつぶしてから飲むと美味しいよ」よ教えてもらいました。さすがに唐辛子を潰して飲むと少しピリっと来るかと思えば... そうでもありませんでした(A^^; 不思議な飲み物です。

 その他浅草ハイボールとかホッピーとかホイスとか、そういう安酒が各種あります。間違っても高級な焼酎や日本酒が飲めるわけではありません。中でも格別に美味いのが熱燗。中身の酒がなんなのかは分かりません。一合くらいの小さな燗用のヤカンで出てくるのですが、冷えたらいつでも七輪で暖められます。好みに応じてぬる目から熱々まで自由自在。でも、七輪に乗っけるといつもうっかりと暖めすぎてしまい、あり得ないくらい熱い熱燗に。日本酒の飲み方としては掟破りですが、そんな熱い日本酒が飲めるのもまた一興なわけで(A^^;

画像
イカのホイル焼きと焼きおにぎりと熱燗。カオスな組み合わせが展開される七輪。

画像
ホイル焼きの中身はこんな感じ。腸もそのままのイカ一杯の味噌味焼き。

画像
最後の締めはラーメンで。麺は普通にサッポロ一番です。

 熱燗を飲み始めるともう止まりません。泥酔コースまっしぐら。いや、でも変な悪酔いしないのは熱燗しすぎてアルコールが飛んでるせいでしょうか。店の雰囲気にも飲まれて良い気分。食べ物も焼き物とはいえ海産物はどれもさっぱりしていて、飽きが来ないしお腹にももたれません。なので、これまたいくらでも行けてしまいそう。この日は締めにお寿司と焼きおにぎりとラーメンというフルコース。でもぺろりと全て食べきってしまいました。

画像
まるでどこかの漁港にやってきたかのような店内。


 と言うことで、雰囲気、料理、お酒の三拍子揃っていて私的には新小岩にある飲み屋の中でも確実に三本の指に入ると思います。最近は上野や新宿にも開店したそうですがそちらはどうなんでしょうか。ちなみに店名は"小岩"トロ函ですが、最寄り駅は小岩ではなく新小岩です。

---
 小岩トロ函  東京都葛飾区新小岩1-24-6  TEL: 03-3656-1280  17:00~23:00(土日祝日は16:00から)
 無休

 さて、トロ函を後にして二次会です。この日は飲み始めが少し早かったのでまだカラオケという時間ではありません。ということで向かったのはつくねが美味しい竹とんぼという居酒屋さん。夫婦二人でやってる小さなお店は常連さんで一杯でしたが、運良く奥のテーブルに入れました。看板にも"つくねの店"と書いてあるほどつくねには力を入れています。発注してから肉をこねて作り始めるので時間がかかります。そのかわり味は絶品。芯まで肉汁に溢れたジューシーさが堪りません。

画像
これがそのこだわりのつくね。

画像
覚えていないのですが、どぶろくを飲んだようです。

画像
手作りポテトサラダ。ポテトサラダがうまい店に外れはなし。

 つくね並に時間がかかるのがポテトサラダ。これも手作り。しかも下手したらこれまた発注を受けてから作り始めます。なので出てきたポテトサラダは熱々。他にも串カツとか色々と美味しい料理があります。どれもこれも手間のかけ方が半端ではありません。つくねを筆頭に料理には手を抜かないこだわりの店。いつも満席になるのも頷けます。

 二次会なので食べ物はおつまみ程度でしたが、お酒はハイボールとどぶろくを頂きました。いや、ハイボールは覚えているのですがどぶろくは飲んだ記憶がありません。でも、写真に残ってるし、きっと飲んだに違いありません... (A^^; ここのどぶろく、美味いんです。そして非常に危険なお酒なのです。

画像
看板に偽りなし。


 たっぷり飲み食いしたこの後、カラオケに向かいました。そこでまたピザとかスナックパラダイスとか食べながら猛烈に悪酔いするチューハイを飲み続けるバカたち...。

---
 竹とんぼ  東京都葛飾区新小岩1丁目51-12  TEL: 03-3653-4807