酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

カメラ

Lightroom mobileがアップデートしてiPhoneでマニュアル撮影が出来るようになったので試してみる

先日、iOS用のLightroom mobileがバージョン2.6にアップデートしました。今回の目玉機能はカメラモードに追加されたマニュアル撮影機能です。Android版では一足先にサポートされていたそうですが、iOS版もようやく追い付きました。前回のバージョン2.5で追加…

Peak Design のカメラストラップ「SLIDE」をPENTAX K-1で使ってみる

みなさん、ストラップはどんなものを使っていますか? 人気の撮影スポットなどに行った時、周囲で自分同様にカメラを持った人を見ると、さりげなくどんなカメラやレンズを使ってるか確認すると同時に、こっそりとストラップをチェックしてたりします。ストラ…

カメラ好きは満足するという事を知らない:EOS M5 1ヶ月試用まとめ

先月中1ヶ月にわたって試用させていただいたキヤノンEOS M5について総集編として感想をまとめておきたいと思います。 何度も引用してしつこい気もするのですが、EOS M5の宣伝キャッチコピーである「いままでのミラーレスに、満足しているか?」が気に入って…

EF-M28mm F3.5 + EOS M5で何でもマクロ撮影してみる

昨日11月25日はEOS M5の発売日です。発表から1ヵ月半が過ぎていますが、いよいよ市場に出回って、たくさんのレビューや作例が出てくるものと思われます。 さて、今回私がEOS M5とともにお借りしたレンズの中に、EF-M28mmF3.5という単焦点レンズが含まれてい…

EOS M5に搭載された「流し撮りモード」を試してみる

EOS M5は非常に多機能なカメラですが、その中に一つ気になる新機能を見つけました。それは、カタログや商品WEBサイトでも特徴の一つとして謳われている「流し撮りモード」です。DIGIC 7によって実現可能となった新機能と言うことで、単に手ぶれ補正の制御に…

PENTAX K-1に天体写真向けの便利機能を追加する新ファームウェア第2弾リリース

10月初旬にPENTAX K-1にとって初めての機能拡張ファームウェアがリリースされたばかりなのに、2ヶ月も経たないうちに第2弾がやってきました。新しいファームウェアバージョンは1.4となっています。今回の機能拡張は主に天体写真を撮る人々向けに特化した内容…

EOS M5の撮影済み画像に位置情報を付加できる「GPSモバイルリンク」を試す

今やデジタルカメラとしては必須機能となっているスマートフォンとの連携機能ですが、当然ながらEOS M5にも搭載されています。しかもその機能は非常に充実しています。単にWi-Fiで接続できるだけでなく、NFCによる簡単接続や(Android限定)Bluetooth Low en…

東海道新幹線でEOS M5の動体撮影能力を試してみる

キヤノン独自のデュアルピクセルCMOSを搭載したEOS M5は、全画面の全画素が像面位相差AFセンサーとなっており、高速な合焦とともに秒間7コマの高速連写にも対応しています。しかもバッファ量もそこそこあって、EVFのブラックアウト時間なども十分に短縮する…

EOS M5は満足できるミラーレスなのか? 1ヶ月間先行体験してみる

先々月に発表されたEOS M5の実機をお借りすることが出来ました。発売は11月25日と発表されましたのでまだ市場には出回っていません。誰もまだ持っていない優越感に浸りながら、約1ヶ月間ほどフライングで試用させてもらうことにします。 去るフォトキナから…

PENTAX K-1の最適設定を探る:6ヶ月目の使用雑感まとめ

PENTAX K-1を手に入れてから6ヶ月がたちました。この間いろいろなシーンで使っているうちに、ようやくPENTAX K-1の癖と使うコツがつかめてきたような気がします。 これまでにシャッターを切った回数は約1万6千カット。待望のカメラであり、私にとっては初め…

PENTAX K-1 + DFA150-450mm の動体撮影能力まとめ

今年もF1日本GPでたくさん写真を撮ってきました。持っていったカメラはPENTAX K-1です。超高画素のフルサイズ機で、特に連写が遅いことから、動体撮影には向いてないと言われています。ですが今年はK-1を使い倒すと決めているので、あえてF1という動体撮影の…

初めての機能拡張:PENTAX K-1のファームウェア Ver 1.30 でスクエアな写真を撮ってみる

先月後半はドイツで2年に1回のカメラ・写真機材をはじめとした映像関連総合見本市、フォトキナが開催され、各メーカーが新製品をこぞって発表していました。そんな中でわれらがリコーイメージングはというと... 少なくともカメラに関しては新製品も参考出品…

iOS10にアップデートしたiPhone 6s PlusのカメラでRAW記録を試してみる

先日iPhone7シリーズが発売されましたが、私は昨年にiPhone6s Plusに機種変更しているので今年は機種変スルーの年。なので悩んだり心配したりヤキモキすることなく、平穏な9月を過ごすことができました。 それはさておき、新しいiPhoneの発売とともにiOSも一…

EOS M5に搭載されたDual Pixel CMOS AFの威力を実感する:実写編

製品セミナー編からの続きです。製品についてしっかり勉強したところで、いよいよ実機で撮影してみることになりました。とは言え短い限られた時間ですし、場所はとあるビルの室内のみ。一応被写体になりそうなものを用意いただいたのですが、薄暗い特殊な条…

「いままでのミラーレスに満足しているか?」と問いかけてくるEOS M5:製品セミナー編

9月15日にEOS Mシリーズ5機種目となるEOS M5が発表されました。登場当初はどちらかと言うとライトユーザーをターゲットにしたお手軽カメラとしてスタートした感のあるEOS Mシリーズにあって、昨年春に登場したEOS M3以降は、だんだんとキヤノンがミラーレス…

咲き始めた浜離宮恩賜庭園のコスモスをFA Limitedで撮る

台風がやたらにやってきた8月が過ぎても、東京地方では残暑が厳しい日々が続いています。秋はまだまだ遠いようですが季節は確実に進んでいるはず。街角にはオレンジ色のキバナコスモスが咲いているのをよく見るようになったところですが、そう言えば浜離宮の…

フルサイズ一眼レフと標準ズーム1本で旅をする

だらだらと神戸焼肉の日2016についてのエントリーを上げてきましたが(関連エントリーは末尾で)、このブログ的には最後はやはりカメラのことについてまとめておきたいと思います。 今回の旅は百名城スタンプを集める城巡りと、美味しい焼肉を食べることが目…

Nikon 1のような超小型レンズ交換式カメラに未来はないのか?

薄々前から分かっていたことではあるのですが、PENTAX K-1でフルサイズ一眼レフデビューを果たしてから、明確に実感するようになったことがあります。それは「センサーの大きさは正義!」であると同時に「小さいカメラは正義!」であると言うことです。この…

第2弾が登場した「写ルンです」30周年アニバーサリーキットで再び撮ってみた

今年は「写ルンです」が発売されてから30年目だそうです。4月に「写ルンです」30周年アニバーサリーキットなるものが5万本限定で発売され、思わず買ってしまったのですが、なんと7月になってそのアニバーサリーキットの第2弾が発売されました。これもまた5万…

Kマウントレンズ用アダプターQ でQ-S1にDFAレンズを付けてみる

Q-S1を買ったよ!というエントリーを先日書きましたが、そこで「マウントアダプターでDFAレンズを使ってみては?」という提案をコメント欄で頂きました。「そういえば持っていたよな〜」と、それまですっかり存在を忘れていた「Kマウントレンズ用アダプターQ…

「標準レンズ」に返り咲いた老兵 FA50mmF1.4はPENTAX K-1に良く似合う

「標準レンズ」と言えば50mm、というのはフィルム時代からの定説ですが(もちろん35mm版フィルムの場合)、最近はズームレンズが主流ですし、デジタルの時代になって以降、撮像センサーのサイズもまちまちになったりして、「標準レンズ」という言葉自体が死…

Amazonプライムデーの大セールでとうとうQ-S1を手に入れる

先週の火曜日は仕事中もずっとiPhoneを手放さずにいたダメ社会人です。というのは我らがamazonで年に一度のプライムデーの大セールが行われていたから。いつも行われているタイムセールの拡大版みたいなやつで、人気商品が数量限定でいつもよりお安く販売さ…

すみだ水族館へ「お江戸の金魚ワンダーランド」を見に行く

東京地方はまだ梅雨が空けていませんが、だんだんと真夏の天気になってきました。こんなときは外に出たら熱中症とか危ないよね、と真っ先に思う程度にはインドア派なのですが、先日ニュースで見て気になっていたイベントを見に行くことに。 目的地は東京スカ…

江戸川区自然動物園でDFA28-105mm F3.5-5.6ED DC WRの初撮影

購入報告からちょっと間が開いてしまいましたが、標準ズームDFA28-105mm F3.5-5.6ED DC WRで初撮影をしてきました。どこに行くか考えた末決めた目的地は動物園です。いや、動物園って望遠レンズが必要じゃないの?と思うかもしれませんが、きっとこのレンズ…

持っていて損はない小型軽量で便利な標準ズーム HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

要らなくなったレンズを売って手にした資金は、新たなレンズに化けると決まっています。ということで、念願のDFA標準ズームを手に入れました。K-1発売以来ずっと悩んできた標準域のズームレンズですが、いろいろ考えて小型軽量なDFA28-105mm F3.5-5.6にしま…

さよなら DA★60-250mmF4ED [IF] SDM

フルサイズ一眼レフPENTAX K-1を手に入れて約2ヶ月。K-1の使い心地やK-3IIとの使い分けのポイントなどが大体分かってきたところで、レンズの整理をすることにしました。なんだかんだで気がついたら結構多くのFAまたはDFAレンズを持っています。やはり整理対…

PENTAX K-1ユーザーのためにアップデートされたLigtroom CC 2015.6を試してみる

つい先日にLightroom CCがアップデートされて2016.6(またはLightroom Ver.6.6)になりました。LightroomはAdobe Camera RAWとともにいつもアップデートされるので、Camera RAWも9.6に同時にアップデートされています。 これによりいくつかの新しいカメラのR…

PENTAX今夏の新製品はK-70よりもHD DA55-300mm F4.5-6.3ED PLM WR REに注目!

PENTAXから新しい一眼レフとレンズが発表されました。K-1と数本のDFAレンズを発売してから2ヶ月も経っていないというのに、このハイペースな新製品投入はどうしたことでしょう。「K-1がPENTAX最後の一眼レフかも?」という私の勝手な思い込みは思い切り外れ…

レッドブル・エアレース 千葉 2016でチャレンジャーカップのテストフライトだけ観戦してきた!

レッドブルエアレースが千葉県の湾岸地区、幕張で開催されるようになって今年で2年目です。昨年は興味があったものの気がついたときにはチケットが完売していました。今年はしっかりと事前にチェックしてチケットを確保し、撮影しに行くことができました。 …

PENTAX K-1なんて大したことない:1ヶ月目の使用雑感まとめ

PENTAX K-1を手に入れてから1ヶ月がたちました。まだたったの1ヶ月、されど1ヶ月。じっくりすべてを知り尽くすにはまだ早いと思いつつ、しかしひとつの区切りなのでこの辺でインプレッションをまとめておこうかと思います。 ご存知の通り私はPENTAX信者(PEN…