読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

X-Pro2とXF35mmF2Rで焼肉を撮る

久しぶりに焼肉を食べてきました。いろいろあって3月の肉の日は祝えなかったので、およそ2ヶ月ぶり。1週間早いですが待ちきれない!ということで、これを4月の肉の日のお祝いとしてしまおうと思います。 実は友人が大怪我をして約2ヶ月間入院していたのです…

「写ルンです」30周年アニバーサリーキットを買って感傷に浸る

少し前の話題ですが、富士フイルムの「写ルンです」が発売以来30周年を迎えたそうです。「写ルンです」をはじとする「レンズ付きフィルム」製品は、デジタルカメラとスマートフォンの普及によって、今となってはすっかり影が薄くなり、そのうちひっそりと市…

毎月20日はカメラ雑誌の発売日!

毎月20日はカメラ雑誌の発売日です。ネットが普及した今の時代、写真やカメラに関する様々な情報は、雑誌を買わなくても手に入るようになりましたが、今でも多くの写真やカメラ関係の雑誌が発行されているところを見ると、紙媒体の需要は引き続きあるのでし…

例年より2週間早く咲いたネモフィラの丘を撮りに行く

例年ゴールデンウィーク中に最盛期を迎えるはずの国営ひたち海浜公園のネモフィラが、暖冬だった影響で開花が早まってるというニュースが、先週中に急に流れてきました。このままだとゴールデンウィークまで持ちそうにない上に、天気予報等をみると今週末の…

PENTAX K-1の発売日が4月28日に決まる

CP+の直前に製品発表されたPENTAX K-1の発売日がようやく決定しました。「4月下旬」と言っていた言葉通り、4月中の営業日としては最後となる4月28日木曜日がその運命のX-Dayとなります。 DFA70-200mmF2.8は発売まで約1年待たされましたし、他のメーカーでも…

京都御所一般公開と平等院ライトアップと最後の桜を撮りに行く

先週の水曜日に続き土曜日にも再び京都へ行ってきました。今回は完全なる観光目的で、東京を早朝の新幹線で出発し、ほぼ最終で帰ってくるという日帰り強行軍により、丸一日たっぷりと京都の春を楽しんできました。今回の目的は京都御所の一般公開と平等院の…

東京ゲートブリッジの夜景でFUJIFILM X-Pro2の高感度を試す

この季節、桜ばかりだと飽きてしまうので、ちょっと目先を変えて東京ゲートブリッジを撮りに行ってきました。と言ってもここも先月にも来たばかりで「またか」という気がしないではないのですが(A^^; X-Pro2と一緒にお借りした35mmのレンズで、ちょうどいい…

東京の桜の名所 千鳥ヶ淵と六義園をはしごする

今週になってようやく少しずつ暖かくなってきて、桜の開花も進んできたようです。この週末が見頃とも言われていますが、残念ながらお天気は下り坂。曇りや雨の花見も風情があっていいですが、やはり好天の花見もそれはそれでしておきたいと思い立ち、開花状…

FUJIFILM X-Pro2で撮る初春の散歩道

お借りしたFUJIFILM X-Pro2の箱を空けて中身を眺めるところまでは前回エントリーで報告しましたが、電池の充電完了を待ってすぐに出かけてきました。とはいえ、特に当てもなくその辺をぐるっと回ってみただけです。 以下、特に特定の機能を集中的に試してみ…

Xシリーズ真の第二世代の登場:FUJIFILM X-Pro2を触ってみる

富士フイルムからXマウントのカメラが登場したのは今から約4年前。最初の機種はフラッグシップのX-Pro1でした。その後Xシリーズは多くの機種が登場する中、X-Pro1はフラッグシップであるが故にモデルチェンジすることなくずっと現役できましたが、今年になっ…

フルサイズへの移行を前にレンズラインナップを考える

PENTAX K-1が来月発売されます。とても楽しみにしているのですが、それまでにレンズをどうするか?という問題で思い悩んでいます。もちろん、思い悩むことを楽しんでいます。昨年はフルサイズ一眼レフ開発中のニュースを受けて、何もわからないうちから先行…

第1回PENTAXミーティングに参加してディープでマニアックな話を聞いてきた

PENTAX K-1体感&トークライブのあとに行われた「第一回PENTAXミーティング」に参加してきました。事前に募集が行われ、大阪と東京でそれぞれ約100人ずつの定員に対し計900人ほどの応募があったそうです。その数を多いと見るべきか少ないと見るべきかはよく…

PENTAX K-1体感&トークライブで再びK-1に触れる

CP+が終わってからまだ一ヶ月も経っていませんが、PENTAX K-1に再び触れるチャンスがやってきました。先週の大阪を皮切りに「PENTAX K-1体感&トークライブ」という催しが全国を巡ります。この週末は東京は新宿で開催されるということで、再びK-1に触りに行…

CP+ 2016でリコーイメージング以外を見て回る

さて、PENTAX K-1を堪能したことでCP+ 2016の目的はほぼ果たしましたが、せっかくなので会場をぐるっと一周してみましょう。カメラ好きならば興味を引かれるものが沢山あります。大手カメラメーカーから用品メーカー、あるいは業務用機器まで、幅広い製品や…

CP+ 2016でPENTAX K-1に触れる

例年より2週間くらい遅いような気がしますが、今週木曜日の25日からCP+ 2016がいよいよ開幕しました。初日はもちろん平日ではありましたが、あれこれと都合を付けて早速行ってきました。そんな前のめりになっている理由は、もちろんPENTAX K-1です。既に現物…

なぜ今なのか? :PENTAX K-3 II Silver Edition 登場

CP+ 2016に向けて各社新製品発表ラッシュが続いています。リコーイメージングからは先週に大物のPENTAX K-1が発表されたばかりですが、なんと今週に入ってまたまた新製品のニュースが飛び込んできました。 その新製品とは「PENTAX K-3 Silver Edition」です…

15年の時を超えてPENTAX K-1 ついに姿を現す

Kマウントのフルサイズ一眼レフが昨日の2月18日にとうとう正式に発表されました。製品名は「K-1」。お値段は約25万円ほどで、発売日は4月下旬となっています。 1年前のCP+2015で突如モックがに出品され、秋の発売予定が春に延期され、その秋にはティーザーサ…

デジタルカメラ黎明期の遺産(その2):SONY DSC-D700 を使ってみる

先週にNEC Piconaという古いデジタルカメラを使ってみたという記事を書きましたが(→こちらです)、それと同時に手に入れたもう一台の懐かしのデジタルカメラは、SONYのCyber-shot PRO(DSC-D700)という機種です。大きなグリップに大きなペンタ部、さらに比…

FA43mm F1.9 Limitedを入手してFA Limitedコンプリート

レンズ買いました。古いながらもどれも名レンズと言われるFA Limitedシリーズは、PENTAX信者としてはやはり最終的に全て揃えないといけないだろうと思っていたのですが、まもなくフルサイズ機が出るということもあって、ここらで観念して最後の一本を手に入…

デジタルカメラ黎明期の遺産(その1):NEC Piconaを使ってみる

とても懐かしいデジタルカメラを2台手に入れました。友人宅に長年死蔵されていたものが最近発見されたとのこと。捨てる前にふと思い出して私に声をかけてくれたのです。もはや実用にはならない古いデジタルカメラですが、2台ともちゃんと動くと聞いて、どん…

魚眼レンズの歪曲補正アプリ「uonome」を試してみる

昨年末にちょっと面白そうなアプリを見つけました。というのは、魚眼レンズで撮影した写真の歪曲を補正し、普通のレンズで撮影したかのような写真に変換するためのアプリで、その名も「uonome」と言います。GitHubで公開されており、無償で利用することが出…

PENTAX K-3 IIのGPSログ機能を使ってみる

PENTAX K-3 IIは内蔵フラッシュを捨てた代わりにGPS機能が内蔵されています。GPS内蔵のカメラはコンパクト機を中心に過去にも現在にもいくつかありますが、Wi-Fiが内蔵必須となりつつある一方で、GPSはあまり流行っているとは言えません。 PENTAX K-3 IIの場…

PENTAX フルサイズ一眼レフ機に関する最近の動き

PENTAXがフルサイズ機の開発を発表したのが今年の2月のこと。当初の予定ではそろそろ発売されているはずでしたが、そこはやっぱりというか何というか、延期となっていまだに私たちの前に姿を現していません。その後ティーザーサイトがオープンしたり、アメリ…

Nikon 1 J5に最適な単焦点レンズを選ぶ

Nikon 1 J5用にレンズを買いました。キットになっていたダブルズームでほとんどの用は足りるのですが、レンズ交換式カメラであるからには、やはり新しいレンズが欲しくなります。 先日来、X-T10と35mmF1.4を試用させていただいたり、K-3 IIにも久しぶりに単…

新世代Xマウントの標準機:FUJIFILM X-T10 総集編

約1ヶ月にわたってFUJIFILM X-T10を試用させて頂きました。あっという間に返却期限が来てしまい、あれやこれややってみたいこと、撮ってみたかったものがあったはずなのに、ほとんど消化できていません。せっかく紅葉初期の良い季節だったのにちょっともった…

浅草文化観光センターの展望テラスから浅草寺の夜景を眺める

先日お寿司を食べに行ったとき、ついでに浅草を散歩してきました。浅草寺界隈はこれまでに数え切れないほど来たことがあって、写真も何度も何度も撮っています。もう自分的にはどこにカメラを向けてもいつか撮った風景で、新鮮味がありません。 いや、実際に…

そういえばHD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WRが発売されていた

先週末にひっそりと発売されたペンタックスブランドのレンズがあります。Kマウントでは非常に久しぶりのフルサイズ対応標準ズームレンズで、来るべきKマウントフルサイズ一眼レフのために開発された、非常に重要な一本です。 なのに何か盛り上がりに欠けるん…

新しく品川にオープンしたNikon Museumで感傷に浸る

ニコンの本社が品川インターシティに移転したのが昨年末。私の職場から非常に近いこともあって、ショールームとかサービス窓口などが本社ビルに一緒に開設されれば良いのに...と思っていたら、先週末にNikon Museumなるものがロビーの片隅にオープンしたとの…

車山から霧ヶ峰へ信州ビーナスラインの秋の景色を楽しむ

French Blue Meetingへ行ったついでに紅葉狩りをしてきました。ちょうどこの季節は車山高原付近は紅葉の見頃を迎えています。天気が悪いとどうにもなりませんが、今年は本当に綺麗な快晴で空気も澄んでいました。白樺湖から車山、霧ヶ峰を抜けて美ヶ原高原へ…

FUJIFILM X-T10で撮る秋の休日写真日記

ということで、みんぽすさんよりお借りしているFUJIFILM X-T10を使ってみました。F1以降しばらく出かける気力がなく、近所を散歩したりしつつ目に付いたものを写真に撮ってみたりしました。X-T10はAPS-Cサイズのセンサーを搭載した本格的なレンズ交換式カメ…

高速大容量外付けHDD WD Mybook Duo 8TBを導入する

デジタルカメラによる撮影では、これまで基本的にJPEG撮りしかしていなかったのですが、ちょっと思うところあって最近はRAW撮りメインに切り替えています。RAWで撮りためていくと問題になるのがHDDの容量です。過去に撮った写真を調べてみると、2013年に撮っ…

K-3 II + D FA150-450mmの動体撮影能力まとめ

先日鈴鹿サーキットで行われたF1日本GPではPENTAXK-3 II + D FA150-450mm F4.5-5.6で撮影してきました。動体追従能力が改善されたオートフォーカス、3.5段から4.5段に強化され、流し撮りに対応した手ぶれ補正、DCモーターを内蔵しAFボタンやリミッターを備え…

新世代Xマウントの普及機 FUJIFILM X-T10を試してみる

久しぶりにFUJIFILMのXシリーズをお借りしました。5月に発売されたXシリーズの最新機種X-T10と標準ズームのXF 18-55mm F2.8-4 R LM OISと大口径単焦点のXF 35mm F1.4 Rです。X-T10はEVFを内蔵した小型軽量の普及機で、X-T1の流れをくむデザインのカメラです…

PENTAXフルサイズ一眼レフの夢は来年に先送りされる

今年も残すところあと3ヶ月半となりました。そうなるとPENTAX信者として気になるのは、今年2月のCP+に突如現れたアレの噂がそろそろ出てくる頃ではないか?ということです。10月ごろに発表して11月に発売というのは、K-5やK-3など過去の上位機種リリーススケ…

Nikon 1 J5で飛行機を撮ってみる

Nikon 1 J5はダブルズームキットを買ったので「1 Nikkor VR30-110mm F3.8-5.6」という望遠ズームが付いています。フルサイズ換算で約80-300mm相当の画角となり明るさもズームとしては普通。しかしミラーレス機でこの焦点域は役に立つのか?という一眼レフ派…

今年も陸上自衛隊 富士総合火力演習を撮りに行く

とても運がよいことに、今年も陸上自衛隊の富士総合火力演習(総火演)を見に行くことができました。なんだかんだでこれで4回目となりますが、全く飽きることはありません。もちろん演習内容も毎年少しずつ変わっていたりするわけですが、何しろ戦車等の砲撃…

夏空に浮かぶモクモク入道雲と羽田空港

D FA150-450mmのテスト撮影の2回目です。成田空港の次は羽田空港にも行ってみました。なんだかんだで慣れてるし近いので楽ちんです。お盆期間中は何かと曇り空の日が続いていましたが、まさにお盆の15日土曜日は、スッキリと晴れてモクモクと入道雲がわいて…

「さくらの山」と「さくらの丘」へエアバスA380を撮りに行く

さて、新しい望遠レンズを手に入れたらやはり初撮りとしては飛行機を撮りに行かなくてはなりません。手軽に慣れている羽田空港周辺にしようかと思ったのですが、実は今週中はお盆休暇だったこともあって、この際成田空港まで遠征してみることにしました。 我…

やっぱり HD PENTAX-D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW を手に入れてしまう

来るフルサイズに向けてKマウントの整理整頓はまだ続いています。ここまで見て見ぬふりをしてきた望遠系をなんとかすることにしました。好きで良く撮る被写体の一つに飛行機があって、毎年F1も撮りに行く私としては、本来スペック的に「これぞ欲しかった1本…

1 Nikkor 32mm f/1.2 で撮る盆踊りと夏祭り

先日からモニターとしてお借りしている1 Nikkor 32mm f/1.2の使用記その2です。このレンズはインナーフォーカスで、超音波モータ駆動されており、AFは超高速でスムーズかつ無音です。ただ、PENTAX機に慣れている私的に注意しないといけないのは「手ぶれ」で…

1 Nikkor 32mm f/1.2 で撮る夏の公園とビル街

先日からモニターとしてお借りしている1 Nikkor 32mm f/1.2を持って散歩に出てみました。ボディはNikon 1 J5です。やけにレンズ側が重たいのですが、全体のサイズはAPS-C一眼レフと比べても圧倒的に小さいので、鞄の隙間にちょっと入れておいて持ち歩くのも…

「ぼかして撮る」ためのNikon 1用大口径単焦点レンズを試してみる

レンズ交換式カメラはやはりレンズを取りそろえて、交換してナンボと言うところがあるわけですが、Nikon 1に関してはまだレンズ沼にはまっていません。というのも結構微妙なレンズが多いんですよね。とりあえず広角ズームと単焦点くらいは欲しいのですが...(…

Nikon 1 J5のWi-Fi接続機能を試してみる

Nikon 1 J5は最近のカメラらしくWi-Fi機能が内蔵されています。というか、メモリーカードが micro SDなこともあって、後付けが難しいのでWi-Fiの内蔵はJ5にとって必須だったと言ってもいいでしょう。 そうでなくても、スマートフォンとの連携はいまやあらゆ…

Nikon 1 J5を1ヶ月使ってみて感じたこと

タイトルの通りなのですが、気がついたら早くもNikon 1 J5を買ってから1ヶ月が経過していました。「買ったよ」というエントリーだけ書いて、どんな写真が撮れるのか?どんな使い心地なのかは触れぬままになっていましたが、この間にもけっこうNikon 1 J5では…

Nikon 1 J5は理想のサブカメラになり得るか?

やたらに機材整理をしたりして最近落ち着きなく忙しいことこの上ないのですが、その機材整理の一環として今度は新たに手に入れたものがあります。色々思うところがありまして、ニコワンに手を出してしまいました。言わずと知れたニコンのミラーレス規格。名…

K-3 IIの電源がオフにならない場合がある不具合に関する無償修理

K-3 IIが発売されてからまだたったの1ヶ月半しか経過していませんが、昨日リコーイメージングから出荷済みの一部の製品に不具合があり、対象製品については無償修理を行う旨の発表がありました。実は先週に入ってから大手量販店からK-3 IIの在庫が消えたこと…

カメラの断捨離第二弾

先日PENTAX K-3 IIと引き替えにカメラとレンズの整理を行いました。このたびその第二弾を実施しました。最近流行のミニマリズムに感化されたわけではないのですが、ちょっと機材整理をしたい病が発生しているのは確かです。 K-3 IIは手に入れてしまって落ち…

eyefi mobiでK-3 IIにWi-Fi機能を追加する

K-3 IIは多機能なカメラですが、その一方で依然として足りないものもあります。その辺は人それぞれ考えがあるかと思いますが、私にとって足りない機能の筆頭はWi-Fi接続機能です。しかしWi-FiはSDカードで簡単に追加できるわけで、本体に内蔵してないことは…

清澄庭園の泉水に暮らす動物たち

清澄庭園には紫陽花以外にも色々と見所、撮りどころがあります。日本各地の石を配置した日本庭園の美しい風景はもちろんですが、それ以外にも隅田川の水を人工的に引いて造られた泉水(池)には多くの生き物たちがいます。下町の雑踏にあって自然豊かな庭園…

K-3 IIのAF動体追尾性能は本当に改善しているのか?

K-3 IIの改善点の一つであるAF動体追尾性能がK-3に対してどのくらい良くなっているのか、確かめてみたくなりました。普段あまりこういうことはやらないのですが、ここは敢えてAF性能だけを見るためにテスト撮影をしてみました。動体AFの性能テストと言えば、…